【ダイエット&稼ぐ】5キロ痩せ5万円稼いだ僕がウーバーイーツ(Uber Eats)の魅力を解説

※この記事には広告を含む場合があります

当サイトの記事には広告として、アフィリエイトプログラムが使用されています。アフィリエイトによって得られた収益は、より質の高い情報を提供するために当サイトの運営費に充てています。

当サイトの円滑な運営のため、読者の方にはご理解とご協力をよろしくお願いします。

街中で見かけることが多くなり、すっかり定着してきたUber Eats(ウーバーイーツ)などのフードデリバリー!

気軽に稼げるということで、今人気の副業です!

実はUber Eatsの人気の秘密はただ「気軽に稼げる」というだけではありません。

Uber Eatsでを自転車でやることで健康的に痩せることができるのです。

ノース

こんにちは!この記事を執筆しているWeb制作フリーランスのノースです!私も会社員時代副業で週2回Uber Eatsをしていましたが、何と2ヶ月で60キロ→55キロと5キロ減量しました。もちろんお金も稼げるので、稼ぎながら痩せられる!という最強の副業がUber Eatsなどのフードデリバリーなのです!

本記事では、ダイエットしながら稼げるウーバーイーツの魅力とこれから始める方向けに仕事の流れや、注意点なども解説していきます。

もう高い金を払ってジムに行く必要はありません。

今はお金をもらって痩せることができるのです!

早速Uber Eatsでダイエットしながら稼ごう!

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
\以下登録すればすぐに始められる/

【メリット】Uber Eats(ウーバーイーツ)の4つの魅力

【メリット】Uber Eats(ウーバーイーツ)の4つの魅力

早速Uber Eatsなどのフードデリバリーを検討している方に、Uber Eatsの魅力(メリット)を解説します!

Uber Eatsの4つの魅力は以下の通り

✔️Uber Eatsの4つの魅力!

  • スキルはいらない
  • 隙間時間で稼げる
  • ダイエット(運動)ができる
  • 煩わしい人間関係がない

魅力①スキルはいらない

まず1つめのはUber Eatsなどのフードデリバリーのメリットは、特別なスキルが全くいらないという点です!

お客様から依頼があった商品をお客様の元へ届けるだけ。

必要なのはスマホとバックと配達に使用する交通手段の確保のみです(自転車や、軽車両、バイクなどです。もちろん徒歩でもOK!)

✔️スキル不要!必要なものは以下3つだけ

  • スマホ
  • 自転車
  • デリバリーバック

デリバリーバックは背負える、大きめのバックが必要!

別記事【(スキルなしOK)パソコンやスマホを使って自由に稼げるおすすめの副業を紹介! ↗︎】ではUber Eats以外のスキルなしできる副業を紹介!あわせてご覧ください!

魅力②隙間時間で稼げる

Uber Eats2つめの魅力は隙間時間で稼げるところ!

休日だけとか、早朝出勤前や、少し時間が空いたからなど、空いた時間にできるのが何よりも◎

ノース

私は以前(配達需要が高い)駅前に住んでいたので、家の中でも配達依頼がきました。Uber Eatsアプリをオンにして配達依頼がくるまでは家事などにあて、依頼がきたら仕事をするというまさに隙間時間で仕事をしていました!

魅力③ダイエット(運動)ができる

3つめの魅力はダイエットができるということ!

自転車や徒歩の場合、配達エリアまでガッツリ運動することが多く、更に坂道が加わると相当な運動になります!

消費カロリーが激しいので、ダイエットにも効果的!

ノース

私自身もUber Eatsをやってかなり痩せました。具体的にどれくらい痩せたかは後ほど解説しますが、ダイエットしながら稼ぐことができるフードデリバリーはまさに一石二鳥の副業です。

\以下登録すればすぐに始められる/

魅力④煩わしい人間関係がない

最後の魅力は煩わしい人間関係がないこと!

なぜなら、Uber Eatsなどのフードデリバリーは、店舗で受け取り、お客様に渡すという仕事なので、一人で黙々と配達をするからです。

  • 誰かと一緒に業務こなす
  • 先輩がいて仕事を教わる

などといったような、誰かと仕事をするという感覚はゼロ!

誰にも気を使うこともないので、人間関係においてはストレスフリー!

別記事【人と関わりたくない面倒くさい人へおすすめする仕事 ↗︎】では人間関係をストレスフリーになりたい方へのおすすめの仕事を複数紹介しております!人間関係ストレスフリーで働きたい方はあわせてご覧ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の最大の魅力はダイエットしながら稼げる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の最大の魅力はダイエットしながら稼げる

先ほども少し解説しましたが、Uber Eatsはダイエットしながら稼ぐことができ、まさにジムにいるような感覚!そして気軽に稼げるのが非常に魅力的!

他にも体を使う仕事はたくさんありますが、時間が拘束されていたり、めんどくさい人間関係がたくさんあったりと、ウーバーイーツほど気軽ではありません。あくまでも個人的な意見ですが…

Uber Eatsは「ジムでバイクを数時間こいでいたら、お金が溜まっていた」ような感覚になります!

自転車でのダイエットの効果

とにかく自転車をごぎまくるUber Eatsは痩せられるし、健康にも良い!と声を大にして言えますが、科学的に自転車でのダイエット効果はどれくらいあるのでしょうか?

他運動も含めて、消費カロリーを調べてみました!

主な運動消費カロリー
やや早いウォーキング271kca
ゆっくりとしたジョギング378kcal
ランニング(時速8キロ)523kcal
自転車(時速22キロ)505kcal
体重60キロの人が1時間運動した場合

自転車は1時間あたりのカロリー消費量はランニングと同等で、他の運動と比べて膝や腰、足首への負担が軽く、長時間の運動が比較的しやすいのが特徴です!

ジムの自転車を1時間くらい余裕でこいでいる方もいますが、1時間ランニングするよりも遥かにハードルが低いはずです!

ダイエットして更に稼ぎたい人は、長時間の運動がしやすい自転車でのUber Eatsがおすすめです!

Uber Eatsを自転車でする場合、背筋を伸ばして足裏をしっかりペダルに乗せ、サドルに体重を左右均等に乗せるなど、姿勢もしっかり気を付けましょう!

徒歩でもOK

配達に使用する自転車は何でも良いわけではありません。

もちろんママチャリではなく、しっかりとしたクロスバイクやロードバイクがおすすめですが、価格も高いので用意ができない人は、徒歩でもOK!

Uber Eatsは徒歩でも配達できます!

徒歩の場合でも1時間で271kca消費できますので、自転車ほどの効果はないもののダイエットに効果的です。

ノース

ただし、徒歩の場合は駅や繁華街周辺しか配達の依頼がこないのが難点で、稼ぐという点では自転車と比べてややハードルが高いでしょう。(そもそもダイエット面でも配達がないと動かないので配達依頼が少ないと効果は低いですね)

【実録】5キロ痩せて月5万円稼いだ!

実際に筆者の私は以下の条件で5キロ痩せて月5万円稼ぐことができました!

  • 土日のみ(1日5時間ほど)
  • 2ヶ月間
  • クロスバイク使用

土日だけでしたが、2ヶ月やって1ヶ月5万円稼げ(2ヶ月で10万円)、更に5キロ痩せられたという何とも嬉しい結果になりました!

月に1万円ほどするジム代を浮かすことができ、更に隙間時間でお金を稼ぐことができるUber Eatsは大変魅力的です!

ノース

痩せながら稼ぎたい!という方にはUber Eatsのようなフードデリバリーは本当におすすめです!是非一度騙されたと思って体験してみてください。

\以下登録すればすぐに始められる/

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注意点

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注意点

ここまで見てきて「ダイエットしながら稼げる!ならすぐに始めたい!」という方もいるのではないでしょうか?

興味をもったあなたにUber Eats(フードデリバリー全体)の注意点をお知らせします。

始める前に注意点を把握しておきましょう。

✔️Uber Eatsの注意点!

  • 報酬が不安定
  • 自転車だと体力の限界がある
  • 確定申告が必要
  • ダイエットしながら稼ぐには自転車が必要

注意点①報酬が不安定

Uber Eatsは業務委託ですので、パートのように時給があるわけではありません。

Uber Eatsは完全歩合制です!

ですので、配達依頼がないと報酬は全くありません。(そしてダイエットもできません…)

効率よく稼ぐ(ダイエットをする)には

  • 土日を狙う
  • 昼食時、夕食時を狙う
  • 雨の日を狙う
  • 繁華街を狙う

このあたりをおさえておけば、1時間あたり1,000円〜1,500円は稼ぐことできるでしょう!もちろんインセンティブによっては更に稼ぐことができます。

注意点②自転車だと体力の限界がある

このブログでは、「自転車で配達する」という前提でお伝えしてきましたが、長時間自転車で配達を行うと体力的かなり厳しいです!

ノース

私も頑張って1日中自転車をこいでいた時もありましたが、週明けの本業にかなりの支障をきたしました。

本気で痩せるという心構えは大事ですが、無理なく継続してやることが大事です!

注意点③確定申告が必要

Uber Eatsで稼いだら、確定申告が必要ということを覚えておきましょう!

ただし、すべての配達パートナーが確定申告をするわけではありません。 

所得が一定額を超えた人のみ、確定申告が必要です。  

配達員の人で、確定申告が必要になるのは以下の場合です。

副業の場合 → 年間所得が20万円以上

平均して1ヶ月2万円ほど稼いでも年間でやると年間所得が20万円以上を超えてしまうので、確定申告が必要です。

ちなみにUber Eatsだけがこの条件にあてはまるのではなく、全ての副業に上記の条件があてはまります!

注意点④ダイエットしながら稼ぐには自転車が必要

Uber Eatsはバイクや軽車両なども配達に利用できますが、ダイエットをしながら稼ぐには自転車が必須!

それもママチャリではなく、クロスバイク(もしくは電動自転車)の方が体の負担も少なく効果的!

クロスバイクは値段も高いので、ハードルが高い方は自転車をレンタルする方法もあります。

電動自転車もレンタルがあるので、購入せずレンタルで配達するのも◎

実際自転車をレンタルして、配達しているパートナーも大勢います!

自転車のレンタルはUber Eatsの公式ページからも紹介していますので、是非ご確認ください!

【初めての方向け】Uber Eats(ウーバーイーツ)実際の仕事の流れ

【初めての方向け】Uber Eats(ウーバーイーツ)実際の仕事の流れ

実際のUber Eatsの仕事の流れを見ていきましょう!

難しいことは一切ありません。誰でも気軽に挑戦できます。

※ここからはUber Eatsに登録後の仕事の流れです!住所等をボカしており、一部見づらい箇所がありますが、ご了承ください。

Uber Eatsドライブアプリの画面はアプリのバージョンにより異なります。

ステップ①ログインする

Uberドライバーアプリ
Uberドライバーアプリ
ログイン前の画面
ログイン前の画面

まずは専用アプリでログインをします。

ログイン後の画面
ログイン後の画面

ログインし上記の画面のまま待機します!(必ず「乗車を探しています」の画面になっているか確認)

常に最新のバージョンにアップデートしておきましょう。

ステップ②注文がくるまで待つ

注文がくるまで待機します。

この時駅近などに住んでいる人は家の中でも待機することができます。

効率的に稼ぐには以下を意識しましょう。

  • 土日を狙う
  • 昼食時、夕食時を狙う
  • 雨の日を狙う
  • 繁華街を狙う

いざ注文がくるとアプリで以下のように知らせてくれます。

注文の場所が表示される
注文がくるとこのような画面になります!

ステップ③店舗で商品を受け取る

店舗で商品を受け取る
ピンがあるので、自分がどこにいるか一目でわかります。

実際に配達の依頼がきましたら、店舗へ向かいます。

専用の地図に店舗の住所やピンが表示されるので安心です!

受け取りを完了し、配達スタート
受け取りを完了し、配達スタート

店舗へ行き商品を受け取ります!この時商品の番号が表示されるので店員に伝えて、商品を受け取ることができます。

ステップ④お客様に届ける

お客様に届ける
目的地は赤いピンの箇所(個人情報を諸々隠しており、見づらくなっております。)

商品を受け取ったら、お客様(注文主)の所まで配達します。

配達場所は店舗同様に、専用の地図に店舗の住所やピンが表示されるので安心です!

お客様に届けたら完了です!

直接渡すのではなく、玄関先に置き配する場合もあります。

今回の報酬額が表示
今回の報酬は315円です!もちろん距離やチップに応じて報酬は大きく変わってきます。

配達が完了したら、報酬が確定!

配達終了後、アプリをログアウトすれば自分のタイミングで仕事をやめることができます。もちろん続けたい場合は、そのままログイン状態でまた待機。

例えば今日は1件だけにしておこうなど、自分のタイミングで終わらすことができます。

効率よく稼ぐには他のサービスも登録しよう

効率よく稼ぐには他のサービスも登録しよう

フードデリバリーはUber Eatsだけではありません。

他にもフードデリバリーのサービスは複数あります。

おすすめなのは、注文までの待ち時間を極力減らすため、複数のサービスを登録しておくのが◎

両方のサービスをログインしておき、依頼がきた方の配達を受けると(もう一方はログアウト)効率よく稼げます。

実際にUber Eats含め主なフードデリバリーのサービスを以下にまとめました。

順位①Uber Eats②出前館③Wolt
公式サイト登録はコチラ ➡︎登録はコチラ ➡︎登録はコチラ ➡︎
営業時間
※地域によって異なる
24時間7時~25時8時〜24時 
服装・バッグ
自由

サンダル&ハーフパンツNG
※バッグは自由

※服装orバッグのどちらか指定
報酬振り込み頻度
週払い

月2回

月2回
現金注文の受付


チップ
あり

なし

あり
登録の際ブログの有無
なしでもOK

必要

必要
各サービス比較表(各項目の数値は公式ページ調べ 2023年10月現在)

報酬単価が一番高いのは出前館ですが、イベントや配達頻度の多さはUber Eatsに軍配があがり、総合的に稼げるのはUber Eatsと言えるでしょう!

複数のサービスを登録するのはおすすめですが、実際に使用するのはその中でも使いやすい2つほどに絞りましょう!

まとめ:実際にUber Eats(ウーバーイーツ)でダイエットしながら稼ごう!

Uber Eatsの魅力をたくさんお伝えしました!

Uber Eatsの魅力は

  • 気軽にできる
  • 隙間時間でできる
  • 煩わしい人間関係がない

などありますが、何といっても最大の魅力はダイエットしながら稼げる点!

実際に自転車での配達をやると意外とハードですが、ジムに行くより「お金が稼げるモチベーション」で継続できること間違いなし!

すぐに痩せて稼ぎたい方は、早速登録しバックを購入して体験してみましょう!

週2回やれば数ヶ月後にはあなたの体型もきっと大きく変わっていることでしょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

\以下登録すればすぐに始められる/